治療免疫学

免疫療法とは、特定の治療目標を達成するために免疫系を意図的に調節することです。免疫反応を強化したり抑制したりすることによって、免疫療法薬が体内の疾患活動に対して顕著な効果をもたらすことがあります。

お問い合わせ

免疫学・免疫毒性学担当が、標的の被験物質と免疫系との相互作用の評価をサポート

プログラムのニーズに合わせてデザインされたフローサイトメトリー、免疫アッセイ、セルベースアッセイ

当社は、さまざまな一般的基質に対する調節作用を評価することができます。

全血 / 末梢血細胞

  • 免疫表現型検査
  • 受容体占有
  • 細胞内サイトカイン汚染化
  • PBMC 分離
  • サイトカイン放出アッセイ
  • カスタム免疫表現型検査

血漿および血清

  • サイトカイン評価
  • 抗原特異的抗体評価
  • 補体評価
  • 免疫グロブリン アイソタイピング
  • バイオマーカー カスタム分析

初代細胞 / 細胞株 / セルベース被験物質

  • 初代細胞培養
  • 免疫表現型検査
  • セルベース被験物質の特性評価
  • 細胞内サイトカイン汚染化
  • サイトカイン放出アッセイ
  • ELISPOT
  • NK 細胞殺傷アッセイ
  • カスタム セルベースアッセイ

重要なのは、治療用免疫刺激剤が前臨床の段階で免疫活性をどう変えるのか、安全性プロファイルをしっかりと定義して理解することです。

低分子

対象:チロシンキナーゼ阻害剤、GPCR 阻害剤、受容体作動薬、酵素阻害剤、プロテアソーム阻害剤、アポトーシス経路阻害剤など

以下を利用して貴社のプログラムをサポートします:

  • サイトカイン産生
  • 免疫表現型検査
  • 免疫機能の全体的評価

高分子

対象:免疫細胞枯渇、サイトカイン中和剤、二重特異性抗体、三重特異性抗体、Immuno-Oncology アプリケーション

以下を利用して貴社のプログラムをサポートします:

  • サイトカイン産生
  • 免疫表現型検査
  • サイトカイン放出アッセイ
  • 免疫機能の全体的評価
  • 骨髄特性評価

先進的治療

対象:CAR-T 細胞、人工 APC、脂質ナノ粒子、AAV ベースの治療法

以下を利用して貴社のプログラムをサポートします:

  • 細胞処理
  • NK 細胞殺傷アッセイ
  • サイトカイン産生
  • 免疫表現型検査
  • 免疫反応に対する全体的な変化

規制

ラボコープグループのコーヴァンスは、さまざまな医薬品の治療免疫学研究を行ってきた豊富な経験を活かし、貴社のパートナーとしてお力になります。当社は、これまでの経験をもとにお客様のプログラムに適した一連のアッセイをデザインしており、Non-GLP あるいは GLP 完全適合のアッセイを実施することができます。

セルベースの被験物質の特性評価は、新しい細胞治療用物質について規制当局の承認を受けるうえで欠かせません。細胞治療という分野が急速に進化していることから、現在の先進的医療のガイダンスに示されている以上に徹底した特性評価が必要になりがちです。ラボコープグループ コーヴァンスの免疫学・免疫毒性学担当には、細胞治療の特性評価を数多く手がけてきた経験があります。そのため、セルベースの被験物質に強度や純度、濃度、同一性、安定性の原則を応用するなど、規制要件を確実に満たすことができます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ