限られた時間のなかで必要な答えを得られるようお客様をサポート。

遺伝子毒性学スクリーニング試験

お問い合わせ

一般的に、スクリーニング試験は規制に準拠したアッセイの簡略版であり、それほど多くの試験化合物を必要としません。スクリーニングでは、その後に行う GLP の規制基準に対応するアッセイの結果を予測することができます。  

スクリーニングサービス & 試験

有害性確認

(In vitro)

エームス試験

*

遺伝子突然変異

*

染色体異常

*

小核

**

コメット

*

FISH または抗動原体を使用した不分離試験

*

細胞毒性 & 光毒症

*

新しいラボの写真

遺伝毒性学サービスのスペースを 30% 拡大

遺伝毒性学の分野をリードする 3R 原則に基づいた新しい試験サービス

安全な製品を求める傾向が世界的に高まる中、遺伝毒性学と In vitro モデルのイノベーションに対する需要も高まりつつあります。そこで当社は、新しい In vitro 代替手段を含む遺伝毒性学の関連施設を 30 パーセント拡張しました。遺伝毒性学試験サービスについて詳細をご覧ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ