マルチエンドポイント遺伝子毒性学アッセイ

お問い合わせ

当社では、小核の評価を、反復投与毒性試験、遺伝子組み換えげっ歯類突然変異アッセイ、または急性小核とコメットアッセイの組み合わせと統合するサービスを提供しています。当社のマルチエンドポイントアッセイは、複合的でコスト効率に優れているだけでなく、非臨床研究の 3R への対応も支援します。

新しいラボの写真

遺伝毒性学サービスのスペースを 30% 拡大

遺伝毒性学の分野をリードする 3R 原則に基づいた新しい試験サービス

安全な製品を求める傾向が世界的に高まる中、遺伝毒性学と In vitro モデルのイノベーションに対する需要も高まりつつあります。そこで当社は、新しい In vitro 代替手段を含む遺伝毒性学の関連施設を 30 パーセント拡張しました。遺伝毒性学試験サービスについて詳細をご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ