コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

お客様の分子の安全性を確保するための支援。

神経毒性学研究

当社には、変化の激しい神経科学の分野で活躍する多くのシニアスタッフがいます。分子が神経系に与え得る毒性を評価するための革新的な技術の開発、オプティマイゼーションおよび導入において、お客様を支援します。

お問い合わせ

当社では下記を含む多様な神経毒性評価の技術を提供しています。

  • EPA 急性神経毒性バッテリー
  • 亜慢性神経毒性
  • 行動試験
  • 依存性
  • 発作傾向
  • 発育神経毒性
  • 神経伝導検査
  • EthoVision™

依存性。分子に中枢神経系効果がある場合の重要なステップ。

当社チームは目標母集団に基づいて、まず行動メカニズム、薬物動態データ、活性代謝物を評価します。それから、規制用のレポーティングに必要な試験と書類を用意する研究計画を立てます。具体的なサービスには以下があります:

  • 神経薬理学的特性評価
  • 受容体結合
  • 動物行動データ
  • 神経行動作用
  • 弁別効果
  • 強化効果
  • 身体的依存性
  • 耐性
依存性研究の詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ