お客様の得意分野が何であれ、当社がソリューションの考案をお手伝いいたします​​​​

ワクチン開発試験

お問い合わせ

ウイルスや細菌などの病原体を対象としたヒト・動物用ワクチンを開発するための包括的な試験サービスをご用意しています。さまざまなワクチンの In vivo / In vitro サービスを幅広く 40 年以上にわたって手がけてきた当社なら、お客様のあらゆるニーズに応える理想的なワクチン開発のパートナーになることができます。

ワクチン開発およびソリューションベースの創薬

当社では、サブユニットワクチン、生 / 弱毒化ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチンなどの一般的なワクチンをすべて扱っています

  • In vitro サービス
    • 体液性免疫反応分析:設備の整ったラボで、ELISA や中和アッセイ、HAI、その他試験法を用いてさまざまな抗体反応の分析が可能です。
    • 細胞性免疫反応:専門の組織培養施設で ELISpot を用いて Th1 と Th2 の反応を解析することができます。
  • In vivo サービス
    • 免疫原性試験:げっ歯類からサル、NHP までの幅広いオプションのなかから宿主種を選択し、速やかに試験を開始することができます。使用個体数は自由に拡張可能です。
    • 有効性 / チャレンジ試験:BSL2 までの病原体のカスタム開発 / 標準研究モデルに対応した当社生態動物施設でワクチンの有効性評価ができます。

免疫原性試験

免疫原性試験は In vivoIn vitro のサービスを組み合わせたもので、被験ワクチンの免疫原性を全面的に評価することができます。当社が開発の過程全体でお客様と協力し、(ワクチンの性質に基づいて)適切な宿主種の特定や、サンプルの分析方法の提案を行います。

有効性 / チャレンジ試験

免疫原性試験で芳しい結果が得られると、標準もしくはカスタムの動物モデルを用いて有効性 / チャレンジ試験を実施することができます。最先端の当社生態動物施設は、BSL2 までの病原体に対応しており、小規模なパイロット試験から複雑なデザインの大規模な試験まで実施可能です。その後、In vivo 試験で得られたサンプルは、当社のラボに移管してさらに分析を行うことができます。

当社の狂犬病ワクチンと抗ウイルス検査サービスの詳細はこちら

ペンシルベニア州デンバーに新設されたラボの写真

ワクチンおよび抗体研究を強化

お客様の増大するニーズに対応するためにラボを拡張

ペンシルベニア州デンバーに新設された最先端の技術を備えた当社のサンプル分析用ラボは、In vivo 試験および In vitro 分析を一括して行うため、お客様はワクチンや抗体の研究・開発向けに迅速に結果を入手することができます。

スペース

COVID-19 パンデミックのなか、ラボコープが治療とワクチンをどのように支えたかについてご覧ください

「前臨床ワクチン研究のチャレンジ試験でのコーヴァンスの働きにはとても感謝しています。とにかく、サービスのこだわりが素晴らしいと思います。管理チームが手際よく知性正直さを持って業務にあたろうと努力してくれていることが、この難しい実験を順調に進めるうえで鍵になっています。​​​​​​​​​​​​​​ 本当に気持ちよく連携ができたので、今後もこの取り組みを続けていくのを楽しみにしています。」

- 顧客 大手製薬会社様

お問い合わせはこちら

お問い合わせ