コーヴァンスの遺伝子治療

遺伝子治療

遺伝子治療は、特に希少遺伝的疾患を抱える患者様に対し、新たな治療法の可能性を提供します。アデノ随伴ウイルス(AAV)やレンチウイルス(lenti)製品などのウイルスベクターに基づいた治療の開発でも、CRISPR/cas9 などのゲノム編集技術を応用している場合でも、当社の専門家チームの深い知識と経験でお客様を支援します。

IND/IMPD/CTA 申請、およびファーストインヒューマン治験への迅速な移行のための安全性評価、概念実証および実施可能性の確定

BLA/MAA 申請サポートおよび市販後研究の準備のためのフェーズ I、II、III 治験の実施

リアルワールドエビデンス調査、市販後の義務の履行、およびお客様の遺伝子治療の可用性の最適化

前臨床ソリューション

  • In vitro / In vivo ファーマコロジーおよび毒性学(急性・慢性)

  • 生物分析 / PK:生体内分布、残留、脱落

  • バイオマーカー戦略、アッセイ開発、検査

  • 規制および戦略的製品開発に関するコンサルティング

  • 臨床開発の準備および計画

  • BioCMC 試験 - 安全性、独自性、強度、純度

  • 市販化戦略開発

治験ソリューション

  • 患者様の特定およびリクルート

  • プロトコルモデリングおよび開発

  • プロジェクトおよびロジスティクス管理・監督

  • AE に備えての医療モニタリングおよび専門トレーニング

  • ファーストインヒューマン / 用量範囲の特定 / エスカレーション研究

  • 作用機序の実証 / 概念実証 (PoM / PoC) 試験

  • ラボ検査:PK、バイオマーカー、セントラルラボ、ゲノミクス、専門試験、BioCMC

  • 規制および戦略的製品開発に関するコンサルティング

  • 長期的なフォローアップの準備および試験の戦略開発

承認後ソリューション

  • 長期的なフォローアップ研究

  • ラボ検査

  • 疾患および製品登録

  • 医療経済

  • 現場償還

  • 臨床教育

  • 購買者およびお客様への対応

  • 差別化研究

新しい細胞・遺伝子治療スイート

マイクロサイエンスにマクロの投資

細胞・遺伝子治療は非常に複雑なものですが、医薬品開発市場と患者様の暮らしに大きな変化をもたらしています。当社は細胞・遺伝子治療に $920 万の投資を行っています。その詳細をご覧ください。

研究の可能性を再定義

非臨床におけるラボコープのサービスを変革

当社はこれまでに、お客様の非臨床研究を前進させるために、7 億ドル以上を科学的イノベーションに投資してきました。拡張されたラボ施設、最新のテクノロジーおよびデジタル化されたバックオフィスを完備し、当社が提供するソリューションは、かつてないほど革新的なものとなっています。

コンピュータの画面を見る 2 人のサイエンティスト

お問い合わせ

詳細はお問い合わせください

お問い合わせ