バイオマーカー戦略を前進させる業界洞察

バイオマーカーソリューションセンター

コーヴァンスの広範囲にわたるグローバルなラボ試験サービスにおける科学的ソートリーダーシップおよびガイダンス。医薬品開発のライフサイクル全体を通じて、カスタマイズされたエンドツーエンドのバイオマーカーソリューションを提供します。

お問い合わせ

博士号を持つリーダーらがお客様のチームに参加、または包括的なバイオマーカー戦略の開発を支援

業界に関する洞察と、専門的な治療領域のバイオマーカーに関する知識

お客様に合わせたバイオマーカー戦略ソリューションに関するコンサルティング

お客様のニーズ

  ​​​​​​​バイオマーカー戦略 - ​​​​​​​のメリットをうまく活用すれば、フェーズ I から規制当局の承認を得るまでスムーズに移行できる可能性が 3 倍高くなります。1 - そのためには、洞察をいち早く獲得し、戦略設計を十分に行うことが不可欠です。また、サイエンスを理解し、関連づけることができるパートナー 1 社との関係を継続することで、より洞察に満ちた治験のデザインやより優れた臨床結果を得ることができます。

1BIO、Biomedtracker、Amplion 2016.pdf. www.bio.org

当社の提供サービス

バイオマーカープログラム戦略の考案についてサポートが必要な場合でも、あるいは御社のチームに業界の専門知識を持つ人材を追加したいときでも、コーヴァンスはお客様の治療法をより迅速に商業化できるようお手伝いします。

治療領域を専門とする博士号を持つリーダーたち

当社バイオマーカーソリューションセンター(BSC)の専門家らが、発見から市販化までお客様とともにバイオマーカー戦略とソリューションを開発し、お客様の医薬品開発のニーズをサポートします。当社によるギャップ特定と軽減戦略の提供により、お客様の開発計画全般にわたって治療領域のバイオマーカーとベストプラクティスを取り入れた、カスタマイズされた戦略の構築が可能になります。

BSC は、下記の各分野について専門知識を提供します:

戦略設計のコンサルティング

BSC チームは、医薬品開発プロセスの初期段階でお客様との関係を確立し、ニーズの特定からプロジェクトの完了までアドバイスを提供することにより、バイオマーカーに関するお客様のあらゆる疑問を解決するお手伝いをしながら、貴社のバイオマーカープログラムに合わせたアプローチを開発します。

  • 意図した標的に最適なバイオマーカーは?
  • 作用機序の調査に最適なバイオマーカーは?
  • バイオマーカーの測定はどこで行うべきか?
  • 用途に最も適した規制環境や技術は?

また BSC チームは、さらに詳細なコンサルティングが必要な場合、医薬品開発のどの段階であっても、無料または同等の価値の交換によるコンサルティングを提供しています。

合理化されたナビゲーションサポート

バイオマーカーソリューションセンターは、ラボコープが展開するラボと規制環境の広範なネットワークを活用し、その中でお客様のプログラムを実行できるよう支援します。また、お客様のニーズに合わせて独自アッセイの移管をお手伝いします。そしてその間も、BSC との科学に基づいたパートナーシップは継続されます。

豊富な経験に基づいたバイオマーカー開発へのアプローチ

広範囲にわたる当社の多専門分野にまたがったバイオマーカーの知識、および治療領域に関する専門知識で、当社はお客様の開発ニーズに特化した包括的なバイオマーカー戦略を定義し、デザインするお手伝いをいたします。特定のバイオマーカーを探している場合でも、あらゆる選択肢を検討したい場合でも、ラボコープ全体で利用可能な 4,500 ものアッセイやマーカーを含む当社のデータベースを活用すれば、お客様のプログラムに適したサポートが容易に見つかります。

チームのご紹介

Katherine T. Landschulz 博士

Katherine T. Landschulz 博士
シニアディレクター、治療領域リーダー
循環器および代謝性疾患、神経変性

Katherine Landschulz 博士は、大手製薬企業 3 社で 13 年間、創薬からフェーズ III までのプログラム支援に携わった後、2010年にラボコープに入社しました。ラボコープでは、バイオテクノロジー企業と大手製薬企業を対象に、バイオマーカーの選定と戦略開発、試験法開発と適格性判断 / バリデーションを行うラボの割当て、実施可能性調査のデザインをサポートしているほか、トランスレーショナル / 探索的バイオマーカーデータの医薬品開発における使用について助言もしています。

創薬、医薬品開発、ゲノム / プロテオミクス バイオマーカーアッセイ開発、トランスレーショナルバイオマーカー、臨床ゲノム薬理学、糖尿病 / CV のバイオマーカー戦略などにおいて幅広い経験を持っています。米国特許も 2 件取得しており、さまざまな治療領域で数十もの出版物を共同執筆しています。


Maria J. Prendes 博士、MS

Maria J. Prendes 博士、MS
バイオマーカーソリューションセンター、オンコロジー担当責任者

Maria Prendes 博士は、バイオマーカーソリューションセンターのオンコロジー治療領域チームを統率しながら、お客様と一緒に治験におけるバイオマーカーの選定、特性評価、開発を行っています。コンパニオン診断 (CDx) の開発支援も彼女の担当業務に含まれます。

Immuno-Oncology、癌遺伝学、癌生物学、分子腫瘍学を専門とする Prendes 博士は、25 年以上にわたる医薬品開発の経験があります。そのなかで博士は、オンコロジー分野の新たな臨床バイオマーカーの同定において、業界に根差した研究を率いてきました。また、バイオマーカーを同定・特性化するためのメカニズムにおいて、48 件の特許を取得しています。2018年以降、バイオマーカーソリューションセンターは、1,200 件以上のオンコロジー分野の臨床プログラムに参加し、科学的なバイオマーカーのサポートを提供してきました。Prendes 博士は、メモリアルスローンケタリング、コロンビア大学、マウントサイナイ癌センターで幅広い研修を受けてきました。さらに、博士はバイオマーカーにおいて経営レベルの監督を行い、ラボコープのバイオ分析および臨床ラボグループと密接に連携しながら、臨床プログラムのバイオマーカー戦略を詳細に策定しました。


Robert Martone

Robert Martone
神経学バイオマーカー担当アソシエイトディレクター

神経変性、神経腫瘍学、バイオマーカー、創薬の分野で高度な専門性を備えた研究サイエンティスト。コロンビア大学で遺伝性神経障害および血液脳関門の分子生物学の研究に携わり、Wyeth Neuroscience では、アルツハイマー病とパーキンソン病をターゲットにした創薬プログラムのポートフォリオを管理しました。また、コーヴァンスのバイオマーカー センターオブエクセレンスで、神経科学治療領域のリーダーを務めた後、セント・ジュード小児研究病院でタンパク質バイオマーカーラボを設立しました。最近では、認知療法分野で前臨床研究のディレクターを務め、続いて入社したバイオジェン社では、バイオマーカーの後期ステージおよび診断の取り組みを支えました。現在は、ラボコープのバイオマーカーソリューションセンターで、神経学バイオマーカーをサポートするアソシエイトディレクターに就任しています。


お問い合わせ

お問い合わせ