コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

B 細胞悪性腫瘍の標的化 - Raji-Luc は CD19 指向 CAR-T 細胞とその他の新しいアプローチの試験に使用できるモデルです

著者:科学開発部門担当バイスプレジデント、Maryland Franklin 博士
Date: June 2017


ヒト B 細胞癌への CD19 の直接的影響はまだ調査中ですが、その発現は大半の B 細胞悪性腫瘍に見られます。たとえば、急性リンパ芽球性白血病(ALL)、B 細胞リンパ腫、および B 細胞白血病は、それぞれ 80%、88%、100% の CD19 発現を示しています。1 ALL では、骨髄でリンパ芽球が過度に生産されて継続的に増殖し、その結果造血細胞の生成が阻害されます。

ALL は幼児でより一般的に見られますが、高齢者で発生することもあります。子供の治癒率は 80% を超えますが、成人の場合はたった 20 ~ 30% の治癒率です。これに類似したものに慢性リンパ性白血病(CLL)があり、これは一般に高齢者によく見られます。ALL と CLL の両方ともに悪性腫瘍であり、CD19 指向療法に最適です。抗 CD19 モノクローナル抗体およびその他のアプローチは、現在臨床開発向けに研究されていますが、現時点で CD19 関連の悪性腫瘍を標的とする最も一般的なアプローチはキメラ抗原受容体(CAR)改変 T 細胞(CAR-T)です。CD19 は、この T 細胞療法戦略に使用された初めての標的であり、現在でも活発な調査が行われています。

前臨床において、ヒトのバーキットリンパ腫細胞株 Raji は、B 細胞悪性腫瘍に関するアプローチの抗腫瘍活性を判断するための中心的存在です。ラボコープでは、ルシフェラーゼ発現 Raji 細胞株(Raji-Luc)を使用し、In vivo 光学画像化を通じて疾患の進行と治療反応の追跡を行うことができます。Raji-Luc は、CD19 指向 CAR-T 療法を評価するための優れたモデルです。当社では、12 件を超える CAR-T やその他の細胞療法研究のために SCID および NSG マウスの両方でこのモデルを使用してきました。細胞治療の生存と持続には、ほとんどのケースにおいて最も免疫不全のマウス株である NSG が必要とされています。よって、NSG マウスでの Raji-Luc の成長を In vivo 生物発光画像化(BLI)(図 1A & B)で検証したところ、疾患の激しい播種が発生し、約 20 日の全生存期間(罹患率/死亡率、図 1C)エンドポイントが確認されました。急激な疾患の誘発と一貫してマウスは進行的に体重が減り(図 1D)、最終的に後肢麻痺を起こし、安楽死が必要となりました。

NSG マウスでの Raji-Luc 増殖の検証

図 1

抗 CD20 モノクローナル抗体リツキシマブの抗腫瘍活性

CD19 と同様に、CD20 は、B 細胞のマーカーであり、非ホジキンリンパ腫のような B 細胞悪性腫瘍を標的とする薬物の初期ターゲットでした。抗 CD20 モノクローナル抗体であるリツキシマブの臨床開発は、モノクローナル抗体をオンコロジー治療に使用する画期的なものでした。SCID マウスにおいて、当社はリツキシマブの抗腫瘍作用を試験し、In vivo BLI(図 2B および 2C)によって判定された全身腫瘍組織量の軽減に相関して、全生存率(図 2A)の向上を示すことができました。NSG マウスでの研究と同様に、後肢麻痺や体重減少(図 2D)などの疾患進行の臨床症状が観測されました。In vivo BLI に加え、当社では、Ex vivo BLI(表 1)を使用してさまざまな組織での疾患の発生率を調べました。さらに、Ex vivo 分析を通じて、リツキシマブによる治療が疾患の全体的負担を軽減したことを実証しました。

図 2
図 1:CB.17 SCID マウスへの Raji-Luc 静注後の播種性疾患の発生率。

図 1:CB.17 SCID マウスへの Raji-Luc 静注後の播種性疾患の発生率。

SCID マウスでの皮下設定における Raji-Luc モデルの評価

大半の治療アプローチでは、静注後に Raji-Luc モデルを使用しますが、一部のケースでは抗腫瘍戦略で皮下(SC)評価が必要となることがあります。このため、当社では SCID マウスでの皮下 SC 設定で Raji-Luc 株の増殖を検証しました。この株は非常に急激に増殖し、4 日で倍になり、移植から約 27 日間で安楽死の条件が満たされました(図 3)。

図 3:CB.17 SCID マウスに皮下移植された Raji-Luc 細胞の皮下増殖

図 3:CB.17 SCID マウスに皮下移植された Raji-Luc 細胞の皮下増殖

したがって、SCID や NSG の背景における Raji-Luc は、CD19 または CD20 指向療法を検査する迅速なモデルを提供します。

Contact us to speak with one of our scientists about how Raji-Luc or one of our other models can be used for your next CAR-T study.


参照

1Wang、他。Exp. Hematol. Oncol. 2012; 1:36.

注:すべての動物管理および使用は、AAALAC 認定を取得した施設にて IACUC 手順の審査および承認を経て動物倫理規制に従い行われました。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ