コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

GL261:同系マウス神経膠腫モデル

Author: Chris Bull, Sr. Scientific Advisor, Imaging
Date: January 2016


膠芽腫は予後が悪いことで知られ、生存期間中央値は 9 か月、2 年生存率はわずか 5 ~ 10 パーセントです。 通常は放射線治療や手術による腫瘍摘出、化学療法などの併用治療が選択されますが、

膠芽腫は放射線耐性を示すことが多く、手術による全摘が難しい場合もあります。膠芽腫(GBM)は非常に複雑な疾患で、その効果的な治療の選択肢は限られています。新しい免疫療法薬は、免疫系を強化して疾患を根絶することを目的とした、治療に対する代替アプローチを提供します。  これまで、GBM では、治療に対する血液脳関門によって引き起こされる閉塞のため、抗体治療の使用が制限されていました。しかしながら、血液脳関門の通過には免疫細胞のみが必要であることも考えられるので、Immuno-Oncology 薬剤の研究によってこの制限を克服できるする可能性があります。このクラスの薬剤の前臨床試験では、免疫能力のあるマウスと脳内の腫瘍細胞の同所性配置を利用した前臨床モデルの独自のセットを使用する必要があります。 We have the technical capability to perform over 100 orthotopic GBM procedures a day.

 
Fig 1: Brain Tumor Bioluminescence Signal
Fig 2: Percent Survival

GL261 は、最も頻繁に使用される同系マウス神経膠腫モデルの 1 つです。 当社では、最先端の画像化機能に投資し、ルシフェラーゼを発現する GL261 細胞株(GL261-luc2、Caliper Life Sciences)を利用することにより、このモデルの薬理学調査をさらに進めます。 これにより、生物発光を利用して腫瘍の増殖と脳内の治療反応を、In vivo で長期的に可視化することができます。

At Labcorp, we have the ability for shielded focal radiation delivery to the brain, and more recently we have acquired the Xstrahl Small Animal Radiation Research Platform (SARRP) allowing for pinpoint irradiation of only the tumor sparing the rest of the mouse, including sites critical for mounting an immune response.全生存率は前臨床 GBM 研究における一般的なエンドポイントですが、さらに In vivo イメージングエンドポイントを使用することで、研究データセットの価値を全体的に高めることができます。

In addition to bioluminescence, we have a host of other imaging technologies, including PET,  SPECT and CT modalities, to further interrogate parameters related to GBM such as tumor volume, vascular perfusion/permeability, metabolic activity, and edema.

At Labcorp, we offer a combination of multiple syngeneic tumor lines along with in vivo imaging, guided irradiation treatment, and flow cytometry to best evaluate novel immunotherapies.また、その高い処理能力により、多数のサンプルを素早く自動的に収集し、お客様の前臨床研究の複雑なニーズにも対応します。

GL261 研究のデザインについて詳しくは当社までお問い合わせください。

Rat Luminescence

注:すべての動物管理および使用は、AAALAC 認定を取得した施設にて IACUC 手順の審査および承認を経て動物倫理規制に従い行われました。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ