コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

脳腫瘍の前臨床同所モデルにおける放射線効果

掲載日:2019年

執筆者:Erin Trachet、Sumithra Urs、Alden Wong、Scott Wise、Maryland Rosenfeld Franklin

AACR 年次総会

ポスター | 脳腫瘍の前臨床同所モデルにおける放射線効果(PDF)

 


概要および背景

  • 多形神経膠芽腫(GBM)は、脳の支持組織上に形成されて急速に成長する攻撃的なタイプの中枢神経系腫瘍であり、 最も一般的な原発性脳腫瘍です。
  • 米国癌協会では、2019 年に 23,000 件を超える新しい症例が診断され、17,000 人までの患者様が脳癌で死亡すると推定しています。
  • 前臨床 GBM モデルは、こうした腫瘍が増殖する独特の環境を評価する上で不可欠です。脳は、血液脳関門で保護された栄養豊富な場所を提供します。光学イメージングとトランスレーショナルイメージングを使用したオルソオプティックでの腫瘍成長と治療効果を経時的に評価することで、データのより定量的な分析が可能になります。
  • GBM 患者に対する一次治療の選択肢は長年にわたってほとんど変化しておらず、最初の 2 つの選択肢は手術と放射線治療(RT)です。対象となる特定の組織に癌が限局している場合、放射線療法は多くの種類の癌で治療効果があることが証明されています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ