コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

転移モデル

お問い合わせ

転移性疾患は、がんに関連した死亡数の大半を占めます。転移に関与する遺伝子およびタンパク質は、潜在的な治療標的として以前より探し求められていました。当社の腫瘍ポートフォリオには、効率的で再生可能な独自の転移モデルが含まれています。

CTPET, and optical imaging technologies provide rapid, non-invasive, highly efficient, and accurate determination of drug response in these models. In particular bioluminescence imaging, through the use of luciferase-enabled tumor lines, is a highly efficient method for tracking metastatic disease. 当社が使用する転移モデルでは、In vivo 再現性のある成長特性を評価することができ、予防と段階的な治療検査に有効です。

転移モデルを確立するには、以下のような様々な透過モードがあります。

  • 移植された固形腫瘍からの自然転移モデル

  • 心臓内細胞注入

  • 静脈内細胞注入

  • 脾臓内細胞注入

  • 前脛骨移植

当社は、新しい転移モデルを開発しオプティマイゼーションし続けます。

ナチュラルキラー (NK) 細胞が初めて「キラー」と呼ばれるようになったのは 40 年ほど前のことです。リンパ球が、ウイルスや腫瘍細胞に感染した宿主細胞を破壊しながら素早く免疫反応を起こすのが確認されたことがきっかけでした。NK 細胞は当初、あらかじめ活性化されなくても自発的に付着するかのように思われました。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ