コーヴァンスは Labcorp Drug Development になりました

ひとつのグローバルカンパニーとして、数百万もの人々に革新的技術を提供しています。そして、ともに力を合わせ、より高度な医療の飛躍的進歩の実現に向けて前進し続けます。

詳細

プレシジョン治療を現実のものに。

Immuno-Oncology & 免疫療法

お問い合わせ

Access over 30 different syngeneic tumor models, from both solid and disseminated origins as well as access to commercially generated humanized mouse models or client-generated models.

過去 10年間に 1000 件の Immuno-Oncology 臨床研究に関わってきた経験。

Partner with an oncology CRO provider who has served nearly 20,000 immuno-oncology patients in clinical trials in the last 5 years.

Immuno-oncology (I/O) has become a significant opportunity for oncology drug discovery and development. 人それぞれに固有の免疫系を意味ある形で強化し、生命に関わる腫瘍細胞の影響を弱める取り組みは、 プレシジョンメディシンの爆発的拡大をもたらしました。 Integrate your flow cytometry, efficacy models, imaging, biomarker, and companion diagnostics to quickly advance to the next milestone--because patients can't wait.

前臨床免疫療法

特定の腫瘍モデルの開発に関わる免疫エフェクター細胞と個別の治療法における抗腫瘍反応の媒介に関わる免疫エフェクター細胞を有意義に評価することが重要です。コーヴァンスでは、多くのモデルで増殖曲線が利用可能であるほか、抗 CTLA-4、抗 PDL-1、抗 PD-1 抗体などで治療を行った際の反応記録をまとめたデータベースを構築し続けています。

In addition to testing immune-modulating agents themselves or testing other agents in combination with immune-modulators, it is important to consider the impact of radiation therapy, which is being integrated into and increasingly investigated in combination with these immuno-oncology protocols. 放射線療法の未照射部位への遠達効果と免疫調整効果を示すデータに加え、直接組み合わせた抗腫瘍効果を示すデータは概念実証を提供し、前臨床において広く使われ、臨床的に関連性のあるモダリティに関するより詳細な研究を促進しています。

臨床 Immuno-Oncology

プレシジョンメディシンで進歩を遂げるには、試験を迅速に行い、適切な個人に対して適切な治療を行えるよう的を絞った新たな方法が必要となってきます。 At Labcorp, we have proven experience in immuno-oncology studies, including over 100 protocols in the past five years, performed in 58 countries at more than 2,860 sites with over 19,750 patients.

当社の Immuno-Oncology に対するコミットメントは、すべての FDA の承認を受けたコンパニオン診断製品の 70% 以上を支援していることにも現われています。極めて重要な最近のフェーズ III 登録治験の一環として、当社のセントラルラボは、新規に FDA の承認を受けた OPDIVO® (nivolumab) の診断検査の前哨となった PD-L1 発現の試験ができた唯一のプロバイダー でした。さらに、コーヴァンスによる最上級のコンパニオン診断機能は、免疫治療である Keytruda®(ペンブロリズマブ)とその PD-L1 コンパニオン診断に加え、TagrissoTM(オシメルチニブ)および EGFR 変異原性試験をも支援しました。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ