共に、心血管疾患に取り組みましょう。

循環器疾患

お問い合わせ

前臨床モデルを用いて心血管系エンドポイントを早期に獲得

世界最大の治験ナレッジベースである Xcellerate® を使って、複雑な大規模治験を問題なく実施

過去 5 年間で 200,000 人超の患者様をを対象に 350 例以上のグローバル研究を実施した企業と提携

心血管疾患の医薬品開発におけるチャンスを見いだす

Beating cardiovascular disease requires a strategic, scientific approach; from tracking changing disease patterns in an aging population to developing cutting-edge approaches to disease management, it's no easy task. そのため、市場の急速な進化に対応し、また低分子やデバイスベースの治療学およびバイオロジックスに関する豊富な経験を有する、信頼の置けるパートナーが必要となります。ラボコープでは、専任の循環器のスペシャリストが学術的な知識と業界での経験を独自に組み合わせ、洞察に満ちた研究デザイン、予測に基づいた研究管理、優れた業務サービスを提供します。

Enable success by leveraging cardiology expertise and precision delivery

The primary reason for late-stage drug failure in cardiovascular trials is the inability to document improvement in outcomes.そのため、当社は前臨床段階からお客様と協働を開始し、リスクを最小化して成功の機会を最大化するプログラムに向けて、結果を計画します。

  • Get answers on safety earlier using our nonclinical cardiovascular safety assessment techniques and gain critical information for your “go/no-go” decision

  • Add value to your study through our experience in cardiac ultrasound, magnetic resonance imaging, nuclear scanning and computed tomography (CT) angiography by capitalizing on our team of physicians who currently serve, or have served, as academic and core imaging laboratory directors

  • Validate your drug’s safety and efficacy by proactively identifying biomarkers—assays, multicomponent panels or imaging-based—that are most predictive of risk or success

  • 巧みにデザインされた治験における心血管結果の実際の改善を実証することにより、代理バイオマーカーという枠を越える

  • Reach your clinical development goals faster with specialized design and conduct of Phase I–Phase IV trials across a wide range of small molecules, devices and biologics including genetic therapies, peptides, enzyme replacement and stem cells

We are all about outcomes

複雑な心血管疾患の大規模治験を上手く実施することは、とても困難です。多くの場合、成功の鍵は治験責任医師および分担医師の関心と適切な患者集団のリクルートにあります。 To point you toward success, we have partnered with cardiovascular academic research organizations who provide both medical and scientific leadership as well as insight into investigator and site quality.当社独自の施設選択および臨床ラボデータに関する世界最大級のデータベース、Xcellerate® ナレッジベースと併せてこのパートナーシップを活用することにより、治験の対象患者様を素早く特定し、貴重な時間とコストを節約することができます。

治験が開始された後も、200 回以上の世界的エンドポイント治験における過去の成功例から習得した確かな業務効率を通じて、治験期間をさらに短縮化するためのサポートを行います。

End-to-end cardiology solutions aligned with your needs

当社はお客様の心血管医薬品開発のために、包括的な一連のサービスを提供します。リードオプティマイゼーションから市販化まで、当社には、お客様の分子の複雑性を管理し結果を変換させる専門知識とリソースがあります。


循環器の専門家とつながる

当社の心臓病学専門家にご質問がある方は、下のボタンをクリックしてください。

Cheerag Shirodaria 医師、MBA
バイスプレジデント、循環器グローバル治療領域リーダー
Oxford University Hospitals NHS Foundation Trust 名誉顧問、心臓専門医

Dr. Cheerag Shirodaria joined Labcorp in 2011 and has pursued clinical cardiology and intensive cardiac care in a University of Oxford academic practice for more than a decade. As an interventional cardiologist, he provides expertise at Labcorp in all aspects of coronary artery disease, in particular acute coronary syndrome and device therapies. また心臓画像診断の専門家でもあり、血管機能を評価する新しい MRI ベースの画像診断技術の利用に関する博士論文を執筆しました。

また Shirodaria 博士は、教職を務める University of Oxford において心臓 CT 画像診断プログラムの共同ディレクターも担当しています。 He has successfully designed and led a number of stem cell trials in the acute myocardial infarction population and is a member of the trial steering committee for numerous trials.

Cheerag Shirodaria 医師、MBA

Jonathan Plehn 医師、米国心臓病学会特別研究員(FACC)
循環器内科担当バイスプレジデント
Drexel University School of Medicine 臨床医学教授

Dr. Jonathan Plehn moved to Labcorp from the Translational Medicine Branch of the National Heart, Lung and Blood Institute (NHLBI) of the National Institutes of Health (NIH) in 2008, following over 25 years of academic medical practice and research. Plehn 博士の主な研究分野は、心不全、肺高血圧症、血管疾患です。George Washington University、National Naval Medical Center、および NHLBI では心不全プログラムを指揮しました。 He is NIH-trained in cardiac MRI and has directed several academic cardiac ultrasound clinical and core laboratories, including establishing the first two-dimensional echo lab at the Framingham Heart Study.

治験医師として、またマネージャーとしてさまざまな治験に参加した経験があります。 These have ranged from small proof of concept trials in rare diseases and novel molecules and biologics to Phase III pivotal cardioavascular outcomes trials. At the same time, he maintains his academic contacts continuing to publish and review manuscripts from top cardiology journals and is on the editorial board of the Journal of Cardiac Failure.

Jonathan Plehn 医師、米国心臓病学会特別研究員(FACC)

お問い合わせはこちら

お問い合わせ